Battlestar Galactica (TOS)/jp:宇宙空母ギャラクティカ (オリジナル・シリーズ)

From Battlestar Wiki, the free, open content Battlestar Galactica encyclopedia and episode guide
< Battlestar Galactica (TOS)
Revision as of 08:48, 3 November 2010 by QuishGaGa (talk | contribs)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
BSG-WIKI Exclaimation.png This item is a candidate for deletion.
If you disagree with its deletion, please explain why on its talk page. If this page obviously does not meet the criteria for deletion, or you intend to fix it, please remove this notice from this page.
Administrators - Remember to check if anything links here and the page history before deleting.
For information on the 2003 "Re-imagined" miniseries and regular series of the same name, see Battlestar Galactica (RDM).
For information on the short-lived Original Series spin-off, see Galactica 1980.
Battlestar Galactica
Battlestar Galactica
Created by Glen A. Larson
Starring Richard Hatch
Dirk Benedict
Lorne Greene
Theme music by Stu Phillips
Statistics
Production company Glen Larson Productions
Universal Studios
Number of seasons 1
Number of episodes 21 (list)
Debut channel ABC
US first-run airdates USA 1978-09-17—1979-04-29
UK first-run airdates UK
DVD release 2004-02-10
Production staff
Executive producer(s) Glen A. Larson
Producer(s) John Dykstra
David J. O'Connell
Supervising producer(s) Don Bellisario
Leslie Stevens
Associate producer(s) David G. Phinney
Gary B. Winter
Co-producer(s)
Story editor(s) Jim Carlson
Terrence McDonnell
Series Chronology
Next
Battlestar Galactica Galactica 1980
Online Purchasing
Available at iTunesPurchase

The original 1978 premiere of Battlestar Galactica was the show that began the saga of humanity's survival against the Cylons.

イントロダクションとコンセプト

『宇宙空母ギャラクティカ』のTVシリーズは1978年9月17日にABCで初放送された。テレビ史上、最もスペクタクルなテレビ番組、『宇宙空母ギャラクティカ』は1シーズンのみの放送にもかかわらず、今なお活動を続けるファン層を確立した。

『宇宙空母ギャラクティカ』(wikiではリ・イマジネーション版の新シリーズと区別してオリジナル・シリーズとも呼ぶ)はグレン・A・ラーソンによる企画で、番組のコンセプトは当初は「アダマのアーク」(Adam's Ark)と呼ばれていた企画が発展したものである。ラ―ソンは1960年代に、この企画を立ち上げていたが、実現したのは1978年である。これは『スター・ウォーズ』の成功によるところが大きい。

制作記

当初、ABCはTV映画シリーズとして、初回3時間と2時間のTV映画を2本[1]を制作するつもりだったが、最終的にはテレビのレギュラー番組として制作されることになった。シリーズの最初の7時間分、「ギャラクティカ発進!人類滅亡の危機を救え」、「銀河伝説!惑星コボルの秘密」、「悪魔の新兵器!サイロン軍団総攻撃」、「氷の惑星アルクタの要塞」は、『ギャラクティカ』の宣伝担当のジョー・サントリーによると製作費は「1時間100万ドルを超える」ので合計700万ドル[1]になる。しかし、パイロット版の監督リチャード・コラは3時間のパイロット版だけでも900万ドル掛かったと明かしている。高額な制作費にもかかわらず、ABCの買値は180万ドル[2]だった。

製作費を回収するべく、3時間のパイロット版を再編集して劇場公開することになった。アメリカでの初放送より数週間先に、2時間の劇場映画としてカナダ、ヨーロッパ、日本で公開された。1978年7月7日に封切され、まずまずの成績を収めた。

そして1978年9月17日にABCで『宇宙空母ギャラクティカ』の3時間のパイロット版が初放送され、以降8ヶ月の間に17エピソード、時間にすると合計24時間分が放送された。

『宇宙空母ギャラクティカ』のエピソード

The artwork for the Complete Epic Series DVD package

1シーズンにわたる植民星を離れ地球を目指す旅のストーリーは幾つかのフェーズに別れている。 パイロット版の後、船団はキャリロンを訪れ、次に神秘的な惑星コボルを訪れる。そこで古代の人類発祥の地を発見する。この2つの惑星のストーリーがシリーズの背景となる神話を形作る。

そして、船団がイクアレスプロテウスアッティラといった失われた植民星を訪れるエピソードが続く。

シーズン半ばの2部構成のエピソードでは、ケイン司令官イブリー伯爵を登場させるとともに、アダマ司令官を惹き立てた。

それから、船団での生活やChameleonなどのキャラクターを描いたエピソードが続く。その後、数話にわたってテラに関するストーリーが描かれる。

最終回では、しばらく姿を見せていなかったサイロンが再登場する。

ナレーション

オープニング・ナレーション

オープニング・ナレーションを担当したのはシリーズ中でイブリー伯爵やサイロン総統の声を演じたパトリック・マクニー。オープニング・ナレーションは2種類存在する。

ギャラクティカ発進!人類滅亡の危機を救え」のオープニング:

"There are those who believe that life here began out there, far across the universe, with tribes of humans who may have been the forefathers of the Egyptians, or the Toltecs, or the Mayans. They may have been the architects of the great pyramids, or the lost civilizations of Lemuria or Atlantis. Some believe that there may yet be brothers of man who even now fight to survive far, far away, amongst the stars." — watch

銀河伝説!惑星コボルの秘密 Part I」以降のオープニング:

"There are those who believe that life here began out there, far across the universe, with tribes of humans who may have been the forefathers of the Egyptians, or the Toltecs, or the Mayans. Some believe that there may yet be brothers of man who even now fight to survive, somewhere beyond the heavens." — listen

エンディング・ナレーション

エンディング・ナレーションはローン・グリーンが担当し「銀河伝説!惑星コボルの秘密 Part II」から付けられた。

"Fleeing from the Cylon tyranny, the last Battlestar, Galactica, leads a ragtag, fugitive fleet, on a lonely quest—for a shining planet known as Earth."

"シーズン2"

Main article: Battlestar Galactica: Year Two proposal

近年になってグレン・ラ―ソンの息子クリスは、たくさんの父の思い出の品を発見した。宇宙空母ギャラクティカ・公式ファンクラブの会誌などの他に、彼は『宇宙空母ギャラクティカ』の第2シーズンの企画書を発見する。その企画書には多くの変更、キャストの人数を減らす、ストーリーと科学考証にアイザック・アシモフを招く、キャラクターの大幅な変更などが提案されていた。

この企画書がユニバーサル・スタジオに提出されたのかは不明だが、『新宇宙空母ギャラクティカ』で取り入れられた設定の元となっているのは明らかである。例えば、人間型アンドロイド・サイロンや、ブーマーが"ギャラクティカ"の上級士官となっていること、"トロイ"というキャラクターなどである

打切りと(一応)復活

伸び悩む視聴率と製作費超過のため、ABCは1979年4月に『宇宙空母ギャラクティカ』を打切りを決定した。最後のエピソード「最後の決戦!ギャラクティカ対総統母艦」は4月29日に放送された。視聴者数は充分に多かったにもかかわらず、シリーズが打切りになったことにファンはショックを受けた。だがファンのなかには、数年後にはテレビ局の重役がストーリーを"家族向け"に変更するか、より稼げる番組にしてしまい、視聴率が下がり始めABCが番組を終了させてしまうだろうと信じていた。逆に『スタートレック』や『Night Gallery』のように続編シリーズかリバイバルが可能だと冷静に信じるファンも存在した。[3]

シリーズが打ち切られた後、パイロット版を再編集して新たな劇場公開版が制作された。シーンによっては短縮されたり、完全にカットされたりした。この劇場版にはセンサラウンド方式が採用された。センサラウンドは1974年の『大地震』で初めて採用され、これがこの技術を正しく効果的に使用した唯一の映画であるとされている。実はアメリカでセンサラウンドが採用された映画はたったの4本で、その内の最後の1本だった。

シリーズの特殊効果ショットは1988年の低予算映画『Space Mutiny』で再利用された。その映画は後に『Mystery Science Theater 3000』でパロディ化されるという名誉を授かった。

ファンのニュースとしては、シリーズが打切りに絶望して15歳の少年エディー・ザイデル・Jrが高さ200フィートの橋から飛び降り自殺したと報道された。[4]

数ヵ月後にスピンオフ・シリーズとして『新宇宙空母ギャラクティカ』が放送された。駆け出しは視聴率も好調だったが、脚本の出来の悪さと従来のSFの型にはまりすぎた陳腐さから、批評家だけでなくファンにとっても不評だった。(最終回だけは例外。)『新宇宙空母ギャラクティカ』はたったの10エピソードで打切りとなった。

数年のうちに3度にわたる続編の映画化、シリーズ化の企画(グレン・ラ―ソンによる『Battlestar Atlantis』、リチャード・ハッチによる『Battlestar Galactica: The Second Coming』、スタジオも許可したSinger-DeSanto project)があったにもかかわらず、ギャラクティカ・ファンが新シリーズを観るのは23年後である。しかし、その"リブート"あるいは"リ・イマジネーション"版は概要は同じであっても、よりダークなストーリーと大幅なキャラクターの変更でバトルスターの世界に新たな一面を刻み込んだ。

また、オリジナル・シリーズのファンは新たなストーリー(ほとんどは新宇宙空母ギャラクティカはなかったことにしている)を小説やコミックで楽しむこともできた。2007年の時点でダイナマイト・コミックオリジナル・シリーズのコミックと幾つかの新シリーズの世界観に基づくコミックを出版している。

注釈

  1. 1.0 1.1 Meyers, Richard (August 1978). "Get Ready For... BATTLE STAR "GALACTICA"". Starlog: 52-53.
  2. Egnor, Mike (29 April 2008). Richard Colla GALACTICA.TV Interview (backup available on Archive.org) (in ). Retrieved on 30 April 2008.
  3. Who Killed Battlestar?, Editorial, by William J. Adams, Fantastic Films magazine (defunct), issue #29, June 1982.
  4. "TV Death", Associated Press, August 25, 1979. Reprinted on website Kobol.com.

外部リンク