Difference between revisions of "Joseph Adama/jp:ジョゼフアダマ"

From Battlestar Wiki, the free, open content Battlestar Galactica encyclopedia and episode guide
 
Line 6: Line 6:
  
 
開廷にかけられる前に、ジョゼフは入廷する前に、いつも鉛筆を壊す。 ウィリアムは、彼がそうしたとき、コンベンションを片づけていたと言いました。 そして、彼は、交換として反対している協議会から鉛筆を借りるように頼むでしょう。 ウィリアムは、彼女の今度の大統領選討論会前に[[Laura Roslin|ローラロスリン]]がこれをするのを勧めました([[Lay Down Your Burdens, Part I/jp:あんたの負担を落とす, 部分 一|あんたの負担を落とす, 部分 一]])。
 
開廷にかけられる前に、ジョゼフは入廷する前に、いつも鉛筆を壊す。 ウィリアムは、彼がそうしたとき、コンベンションを片づけていたと言いました。 そして、彼は、交換として反対している協議会から鉛筆を借りるように頼むでしょう。 ウィリアムは、彼女の今度の大統領選討論会前に[[Laura Roslin|ローラロスリン]]がこれをするのを勧めました([[Lay Down Your Burdens, Part I/jp:あんたの負担を落とす, 部分 一|あんたの負担を落とす, 部分 一]])。
 +
 +
[[Category:Characters (jp)]]

Latest revision as of 09:57, 18 March 2006

ジョゼフ・アダマはウィリアム・アダマのお父さんでした。 彼はカポリカから来ました。

彼らの息子(ウィリアム)が10代であったときに、アダマは市民的自由弁護士であり(リトマス)、イヴリンアダマから離婚しました。 それにもかかわらず、ウィリアムは、後でジョゼフがかつてより良い父であると考えたと述べました(神の手)。

ジョゼフはいつも彼のケースの中まで銀のライターを運びました; 彼は、それが幸運であると考えて、家にそれを残したとき、敗訴したと主張しました。 彼は後でそれをウィリアムに与えました。(彼は大虐殺の後にそれを息子に与えました(神の手)。

開廷にかけられる前に、ジョゼフは入廷する前に、いつも鉛筆を壊す。 ウィリアムは、彼がそうしたとき、コンベンションを片づけていたと言いました。 そして、彼は、交換として反対している協議会から鉛筆を借りるように頼むでしょう。 ウィリアムは、彼女の今度の大統領選討論会前にローラロスリンがこれをするのを勧めました(あんたの負担を落とす, 部分 一)。