Zak Adama/jp:ザック・アダマ

From Battlestar Wiki, the free, open content Battlestar Galactica encyclopedia and episode guide
< Zak Adama
Revision as of 22:37, 17 March 2006 by Yashiko (talk | contribs)
Zak Adama/jp:ザック・アダマ
[[Image:Zak adama 001.jpg|200px|Zak Adama/jp:ザック・アダマ]]
人としての名前 {{{name}}}
年齢 {{{age}}}
出身地
(コロニー)
{{{colony}}}
出生時の名前 {{{birthname}}}
コールサイン {{{callsign}}}
ニックネーム {{{nickname}}}
初登場 {{{seen}}}
最期 {{{death}}}
両親 {{{parents}}}
兄弟、姉妹 {{{siblings}}}
子供 {{{children}}}
婚姻暦 {{{marital status}}}
役割、任務 {{{role}}}
社会的地位または階級 {{{rank}}}
キャスト {{{actor}}}
Zak Adama/jp:ザック・アダマは人型サイロンである。
Zak Adama/jp:ザック・アダマはサイロンと人類の混血である。
Zak Adama/jp:ザック・アダマはオリジナル・シリーズのサイロンである。


伝記

ザック・アダマはキャロラインウィリアム・アダマの長男です。 彼の兄さん、リーと共に、主に彼の母親によってカプリカに育てられました、彼が8歳であったときに、彼の両親の離婚に続いて。(ミニシリース)

彼は、ヴァイパーパイロットになることを、父に立証してのを努力しました。(ミニシリース) トレーニングの間、彼はロマンチックに彼の飛行教官ケラ・スレースにかかわるようになりました。どう基本飛行訓練を通過したかに質問しましたが、彼はスレースが、いつ彼がそれに値しないなら彼女が彼を通らせていないと述べたかというさらなる質問なしでそれを受け入れました。父からのどんな助けも欲しくないで、確かにスレースからでないのからそうしませんでした。(悔悛の行為)

アダマはほんとうに、基本的な飛行訓練の最後の部分の間、3つの操縦に失敗して、ヴァイパーを飛ばす感じを全く持っていませんでした。(ミニシリース) スレースが深くザック・アダマを保護していたとき、彼女は、彼女が彼の夢をつぶすためにはものであるべきでないと感じて、彼を通らせました。

彼らは従事した,結婚するのを計画していました。(悔悛の行為) だけど、ザックはサイロン攻撃の2年前に殺されました。彼の死は彼の兄さんとお父さんの間の分水嶺になりました。

ミニシリースからケラ・スレースの写真。 ザック (左), リー (右) とケラ (中) です。 (Credit: Sci-Fi Channel/Universal)